実力派女性用育毛シャンプーを大調査

No.1ノヴェルモイ薬用ヘアシャンプー【1ヶ月分の価格】3,240円No.2リーブ21ホームケアシャンプー【1ヶ月分の価格】3,600円No.3スカルプDディグニティプレミアムシャンプー【1ヶ月分の価格】5,290円

詳細はこちら

詳細

詳細

女性用育毛シャンプーランキングHOME » 女性のための発毛シャンプーガイド » 女性用育毛シャンプーの「いい成分」と「悪い成分」

女性用育毛シャンプーの「いい成分」と「悪い成分」

女性用育毛シャンプーに含まれる成分の中には、いい成分もあれば、悪い成分もあります。それぞれ具体的に成分名を挙げて解説しますので、育毛シャンプーを購入する際にはぜひ参考にしてください。

入っているといい成分

育毛に良いとされる成分は世の中にたくさんあります。それぞれの商品において、どんな成分がメインとされているかを確認し、その成分の特性を調べてみるようにしましょう。

ここでは、代表的な「いい成分」をご紹介します。

酢酸DL‐α‐トコフェロール

血行改善を促す作用があると言われています。多くの育毛剤にも配合されている成分です。

センブリ抽出液

血行改善、および毛根の細胞活性化が促進されると言われています。漢方薬の原料として古くから愛用されています。

グリチルリチン酸ジカリウム

抗炎症効果があるとされ、皮脂の過剰分泌による頭皮トラブルを改善します。抗アレルギー効果も知られています。

ジフェンヒドラミンHC

アレルギーでトラブルの生じた頭皮を健全化する働きがあるとされています。

ピロクトンオラミン

高い殺菌効果で、頭皮の常在菌の過剰増殖を防ぐと言われています。

ニンジンエキス

血行促進効果、皮脂の過剰分泌を抑える効果、毛穴の炎症を鎮める効果などがあると言われています。朝鮮人参が原料で、「サポニン」と表記されていることもあります。

ニコチン酸アミド

血行改善効果があると言われています。

パントテニルエチルエーテル

頭皮、毛髪の栄養となるビタミンBの一種。フケの軽減効果もあるとされています。

ホホバ油

頭皮に良いとされる栄養素が豊富に含まれています。保湿効果も高く、頭皮環境の改善や修復にも貢献します。

不飽和脂肪酸

抜け毛の原因を抑制すると言われる重要な成分です。

アミノ酸

低刺激の洗浄成分で、育毛に必要な皮脂のみを残してやさしく頭皮を洗浄します。

ニンニクエキス

頭皮、毛穴の炎症を鎮める効果があると言われています。

危険度の高い成分

逆に育毛を阻害する危険度の高い成分を見てみましょう。

ラウリル硫酸Na

石油系界面活性剤の一種。洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な皮脂までも強力に洗い流してしまいます。

ラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Naと同様の理由で、育毛にはよくないとされる成分です。

各種添加物

頭皮や髪への刺激となる可能性があるため、配合されている場合には避けておいたほうが良いでしょう。具体例としては、パラベン、香料、着色料、鉱物油、エタノール、安息香酸、ポリマー、ブチレングリコールなどです。

管理人です
30代後半にさしかかり、「髪が細くなった」と感じるようになった私。
出産を機にますます髪の毛が貧弱になってしまいました。

なんとかしたい!と思って色々な女性用育毛シャンプーを調べるように なりました。
そして、私がたどり着いたのが長年の「育毛理論」をもとにつくられた 育毛シャンプー。
納得できる育毛の仕組みや育毛実績にひかれ、 使ってみることにしました。

育毛体験談を読む

 
実力派女性用育毛シャンプーを大調査